人間ドックに関するあらゆる情報を集めました

人間ドックと健康診断の違い

日本は超高齢化の時代を迎え、男女共に平均寿命が80歳を超えています。
栄養状態の改善、医療技術の進歩などがこの結果をもたらしている現在、「健康寿命を伸ばそう」という取り組みが行われています。
健康寿命とは、簡単に言えば元気でいきいきと健康上の問題なく日常生活を送れる期間のこと。
誰でもなるべく最期まで家族に迷惑をかけることなく、元気にすごしたいものです。
そのためには、病気の予防と早期発見が重要だと言われています。

それに役立つ手段のひとつが人間ドックです。
現在の人間ドックは精度がとても高くなっており、自覚症状のないうちに病気を見つけ出すことができます。
多くの病気は、早期の発見で完全に治癒できたり、大きく進行を遅らせることができます。
また、病気になる前にその兆候を捉え、生活習慣の改善などの指導を受けることで、病気を未然に防ぐことができます。

健康診断の後、人間ドックの受診をすすめられた。
友人が人間ドックで大きな病気が見つかったと聞いて、自分も受診を考えている。
そのようにして、初めて人間ドックに関わる方も多いと思います。
人間ドックは非常に検査項目が多く、金額も比較的高いので、検査に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。
人間ドックって何をするんだろう。
自分に合った病院で検査を受けたいけれど、どう探したらいいんだろう。
このサイトでは、人間ドックを初めて受ける方にもわかりやすい病院の探し方、検査の受け方のコツを紹介しています。

病気の予防が重視される時代

健康診断を受けたことはあるけれど、人間ドックはないという方は多いでしょう。 人間ドックってそもそも何をするの? 検査をするのはわかるけれど、健康診断ではだめなの? 人間ドックは、目的を理解して利用すればより多くのメリットがあります。 こちらでは、健康診断と人間ドックの違いから説明し、疑問にお答えします。

人間ドックの受け方

人間ドックは健康診断と違い、自分の意思で受けるものです。 健康診断では見つけきれない病気の発見のために、多くの検査項目があり、そのための設備や機器を持っている施設で検査を受けなければなりません。 こちらでは、人間ドックを実施している施設や機関について解説しています。

良い施設を選ぶポイント

どんな施設で検査を受けるべきか。 人間ドックを受ける施設の選び方には悩むものです。 施設によって、所持している検査機器、追加できるオプション検査、スタッフの熟練度、その後の対応などにも違いがあります。 自分に合った施設を選ぶポイントを確認しておきましょう。